POSレジ軽減税率対策補助金

軽減税率対策補助金とは

消費税軽減税率制度(=複数税率制度)(平成31年10月より導入予定)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。
※補助金申請には、弊社を含む中小企業庁へ申請許可を得た取扱事業者から購入しなければ補助金対象と認められません。

補助金の申請条件

・購入期間
2016年3月29日~2019年9月30日

・申請期間
2016年3月29日~2019年9月30日

・対 象 者
中小企業支援法に規定する中小企業等、複数税率への対応が必要な事業者

(参考)飲食業の場合、下記に該当する必要があります。
①中小企業者・小規模事業者であること
→資本金5,000万円以下または従業員が50名以下
+ ②軽減税率対象となる商品・サービスを取り扱っていること
テイクアウトや出前で飲食料品を提供していること
※他、いくつか要件があります。

・補助額(補助額は、販売金額によって変動いたします)
【iPad POS「tenposAir」】→13万~
【東芝TEC製、CASIO製POS】→40万~

補助金に関しての詳細は、軽減税率対策補助金事務局ホームページまたは、弊社お問い合わせページ からお問い合わせください。

補助金算出例